[vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”20px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]

時間別料金

弁護士との相談時間に対して固定単価から算出する方法で貴方が支払う料金です。例えば、貴方のために弁護士が相談する1時間当たり100万ドンの単価で料金を支払います。

パッケージ料金

弁護士が事件を解決するときに貴方が弁護士に料金を一括支払うだけの計算方法です。例えば、貴方と弁護士は、貴方が建てようとしている家にかかる建設許可手続きのために500万ドンのパッケージ料金で交渉すること。

事件額の割合として計算される料金

貴方が依頼する事件額、契約額、またはがプロジェクトの金額の一定の割合で弁護士に支払う料金を計算する方法です。弁護士は行います。 例えば、貴方と弁護士は、弁護士により相談されパートナーと交渉された後に貴方が署名したフランチャイズ契約の価値の10%を相談料金とすることに同意します。

毎月定額の料金

弁護士が通常の法的サービスを提供することに対して、貴方が一定の月額料金を毎月弁護士に支払う方法です。例えば、貴方と弁護士は、貴社向けの定期的なコンサルティングのために2千万ドン/月の固定料金で交渉します。

発生した費用

貴方と弁護士は、弁護士が貴方にサービスをしている間に発生した費用について交渉することができます。例えば、弁護士が遠くに出張する必要がある場合の旅費や、書類のコピー、小包の送付、または貴方の代わりに管轄官庁に納めた費用。従って、貴方の法的問題に基づいて、料金の算出方法を選択できるようになります。ただし、いずれの形式の法務サービス料金は事件の性質によって異なる場合があります。当事者は実施前にサービス料金を協議するものとします。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_single_image image=”1515″ img_size=”full” alignment=”center” style=”vc_box_rounded” css_animation=”fadeIn”][/vc_column][/vc_row]